スポンサーリンク



TikToker

どば師匠の歌「どうしようもないcry」の歌詞の意味・解釈は?

ぺろ愛男爵と手をつなぐどば師匠
スポンサーリンク

地元の友達5人が集まって結成されたグループ系Youtuberレイクレ

そんなレイクレのリーダーを務めるのがどば師匠さんです。

どば師匠は過去にバンド経験があり、自身で作詞作曲したオリジナルソングがあるほどの音楽好き。

そこで今回は、どば師匠の歌「どうしようもないcry」の歌詞の意味・解釈についてまとめていきます。

スポンサーリンク

どば師匠の歌「どうしようもないcry」の歌詞

それでは、どば師匠の歌「どうしようもないcry」歌詞を見ていきましょう。

「どうしようもないcry」

1.

ダメな事とはわかってた

でもどうしようもないくらい

君が好きだ

 

最後の最後は君と笑って

人生を終わらせたかったな

完全に勝手な考えで

君が僕を思ってると思ってた

 

濡れたティッシュを広げるように

君を大事に大事に思ってたけれど

簡単に破れた

sab

ダメな事とはわかってた

でもどうしようもないくらい

君が好きだ

あの夕焼けも

あの星空も

全部全部きみと見たかったんだ

もし君と付き合えてたなら

もうどうしようもない愛で包んでた

あんたのことがやっぱり好きだ

なんて言葉が聞こえるまで

2.

濡れた頬つたい光る涙と

君を大好き大嫌い花占いは

もうやめたんだ

sab

ダメな事といい事との

分別が僕にできたのならば

あんな言葉をあんな調子で

絶対絶対言わなかったろうにな

もしかして君が僕のこと

もうどうしようもない勘違い野郎さ

明日明後日変わらず僕は

君のことがまだ好きさ

 

やっぱりやっぱり君のこと

 

大好き大好き愛してる

もうどうしようもないくらい好きなんだ

あんたのことが死ぬほど好きだ

あんたのことが死ぬほど好きなんだ

もし君を忘れられたなら

もうどうでもいいと思えたなら

そんなの無理だそんなの無理だ

もうどうしようもないcry

スポンサーリンク

どば師匠の歌「どうしようもないcry」の歌詞の意味・解釈は?

楽曲について

今回紹介する楽曲「どうしようもないcry」は、レイクレのリーダーどば師匠さんが作詞作曲されたものです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

君への片思いの様子が描かれた歌詞となっており、

「ダメな事とわかっていても、どうしようもないくらい君が好きだ」

という思いが綴られています。

「理屈ではわかっていても、衝動的に行動してしまう」

「頭では片思いとわかっていても、もしかしたら両思いなのかもと期待してしまう」

という恋愛でのあるあるな葛藤が描かれた一曲です。

歌詞の意味・解釈は?

ファーストサビ

ダメな事とはわかってた

でもどうしようもないくらい

君が好きだ

この曲は最初にサビから入るのが印象的ですよね。

今回のテーマである

「どうしようもないくらい君が好きだ」

という気持ちが綴られています。

1番Aメロ

最後の最後は君と笑って

人生を終わらせたかったな

完全に勝手な考えで

君が僕を思ってると思ってた

私たちは生きている以上は必ず終焉を迎える。

そんな人生の最後を好きな人と一緒に迎えたいと思うのは自然な事ですよね。

しかし、への思いはただの片思いだったようです。

1番Bメロ

濡れたティッシュを広げるように

君を大事に大事に思ってたけれど

簡単に破れた

君のことを大事に思ってたけれど、現実は残酷で…

塗れたティッシュが破れるように、あっけなく振られてしまう…

うまい例えで恋愛の儚さを表していますね。

1番サビ

ダメな事とはわかってた

でもどうしようもないくらい

君が好きだ

あの夕焼けも

あの星空も

全部全部きみと見たかったんだ

もし君と付き合えてたなら

もうどうしようもない愛で包んでた

あんたのことがやっぱり好きだ

なんて言葉が聞こえるまで

「どうせ自分の片思い」

「思ったところで意味はない」

とわかってはいても、「ダメな事」だとわかってはいても、

それでも君を好きになってしまう。

理屈と感情は違うんだというどば師匠さんの熱い思いが込められています。

2番Aメロ

濡れた頬つたい光る涙と

君を大好き大嫌い花占いは

もうやめたんだ

花占いというスピリチュアルに走ってしまうくらい追い詰められていた

そんな思いが叶わないつらさを背負いつつも、次のステップへ進もうとする意志の強さが描かれています。

2番サビ

ダメな事といい事との

分別が僕にできたのならば

あんな言葉をあんな調子で

絶対絶対言わなかったろうにな

もしかして君が僕のこと

もうどうしようもない勘違い野郎さ

明日明後日変わらず僕は

君のことがまだ好きさ

「もしかしたら君も僕のことが好きかも」

という勘違いから”あんな言葉”を投げかけてしまった、と表現されています。

どんな言葉かはわかりませんが、思いを一方的に伝えるだけだったように読み取れます。

頭ではわかっていても、どうしても両想いを諦めきれない。

そんな僕の葛藤が描かれています。

ラスサビ

やっぱりやっぱり君のこと

大好き大好き愛してる

もうどうしようもないくらい好きなんだ

あんたのことが死ぬほど好きだ

あんたのことが死ぬほど好きなんだ

もし君を忘れられたなら

もうどうでもいいと思えたなら

そんなの無理だそんなの無理だ

もうどうしようもないcry

そして最後には、さまざまな葛藤を経ながらも

「それでもやっぱり、どうしようもないくらい君が好きだ」

と締められています。

もう叶わぬ恋だとわかったとしても、忘れてしまった方が楽だったとしても、それでも割り切れずに引きずるのが人生ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、どば師匠が作詞作曲を行った「どうしようもないcry」歌詞の意味について解説しました。

叶わぬ恋だとわかっていてもどうしようもないくらい君が好きだ、というどば師匠さんの熱い思いが込められた歌詞となっていましたね。

もしかしたら、こちらの曲も「ぶっちゃけ言うと、好きでした」と同様に高校時代の思い人であるさきちゃんへの歌だったのかもしれませんね。

それでは。

歌うどば師匠
どば師匠の歌「ぶっちゃけ言うと、好きでした」の歌詞の意味・解釈は?関西を拠点に活躍中の5人組Youtuberレイクレ。 そんなレイクレのリーダーを務めるのがどば師匠さんです。 いつも持ち前の...