スポンサーリンク



Youtuber

【大富豪】ゆゆうたの年収は2000万円!?収入源も紹介!

髪を切ったゆゆうた
スポンサーリンク

高いピアノの演奏技術で人気のあるゆゆうたさん。

動画でも毎回ステキな演奏を披露していて、再生数もすごいですよね!

そんな中、気になるのが収入面ですよね。

そこで今回は、ゆゆうたの年収や収入源について調べてみました。

スポンサーリンク

【衝撃】ゆゆうたの年収は2000万円!?

人気YouTuberとして活躍中のゆゆうたさん。

再生数やチャンネル登録者数もかなりの数なので、収入もすごいのではないでしょうか?

そこで、ゆゆうたさんの年収について調べた所、

「1950万8000円」

ということが分かりました!

とんでもない収益ですよね。

では、収入源にはどんなものがあるのでしょうか?

こちらも調べてみたので、見ていきましょう。

スポンサーリンク

ゆゆうたの気になる収入源も紹介!

ゆゆうたさんはそれなりの額の年収を稼がれていることが分かりました。

そんなゆゆうたさんの収入源を調べてみると、

  • 「鈴木ゆゆうた」広告収入(メインチャンネル)
  • 「ゆゆうた GAMES」広告収入(サブチャンネル)
  • その他(テレビ出演など)

が主な収入のようです。

それぞれの収入源について、詳しく見ていきましょう。

「鈴木ゆゆうた」広告収入(メインチャンネル)

1つ目の収入源は、メインチャンネルの広告収入です。

こちらの推定年収は1920万円となっています。

YouTubeでは、「広告が再生される→収益が発生する」という仕組みが取られており、

  • 広告単価:1再生当たり0.1円

が相場と言われています。

鈴木ゆゆうたのチャンネルでは、

  • 週に平均5本投稿
  • 再生数の平均は80万再生

となっています。

そのため、1再生の単価を0.1円として平均を取ると、

「推定月収」=80万再生×0.1×20日=160万円

が月収として求まるので、

「推定年収」=160万円×12ヶ月=1920万円

と計算できます。

投稿にバラつきはあるものの、再生数の高さでこれだけの収益を出しているようです。

ゆったりとしたペースでこの収益を出しているのは凄いですね。

「ゆゆうた GAMES」広告収入(サブチャンネル)

2つ目の収入源は、サブチャンネルの広告収入です。

こちらの推定年収は10万8000円万円となっています。

YouTubeでは、「広告が再生される→収益が発生する」という仕組みが取られており、

  • 広告単価:1再生当たり0.1円

が相場と言われています。

ゆゆうた GAMESのチャンネルでは、

  • 不定期(月平均3本)投稿
  • 再生数の平均は3万再生

となっています。

そのため、1再生の単価を0.1円として平均を取ると、

「推定月収」=3万再生×0.1×3日=9000円

が月収として求まるので、

「推定年収」=9000円×12ヶ月=10万8000円

と計算できます。

こちらは完全に趣味のチャンネルといった感じで、投稿頻度もかなりまばらで収益については考えていないと思われます。

テレビ出演

ゆゆうたさんのテレビ出演での、推定年収は20万となっています。

ゆゆうたさんのテレビ出演本数は少なく、唯一の出演がNHKでのアニメ番組の出演でした。

  • あはれ!名作くん(NHK)

年間出演数の情報を調査

テレビ番組の番組出演時のギャラは、「1回の出演で約10万~20万」といわれています。(参考:Web Audition

そのため、「20万×1本=20万円」という収入計算になりました。

アニメでの出演なので通常のギャラとは異なる可能性が高いですが、今回は20万円でしました。

スポンサーリンク

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

人気YouTuberゆゆうたの年収について調べました。

その結果、

「1950万8000円」

という推定年収である事が分かりました。

その主な収入源は、

  • 「鈴木ゆゆうた」(メインチャンネル)広告収入:1920万円
  • 「ゆゆうた GAMES」(サブチャンネル)広告収入:10万8000円
  • テレビ出演料:20万円

この3つが主な収入源でした。

この他に、楽曲提供や書籍といった印税が関わるメディアでも活動しているので、実際の収益はまだ高いと思います。

動画の投稿頻度を見る限りでは、好きなタイミングで投稿する事にしているのかもしれませんね。

自分ぺースで動画投稿しながら、生活に困らないだけの収益を上げれているのも1つの成功の形ですよね。

これからの活動にも注目していきたいと思います。

ここまでご覧いただきありがとうございました。