スポンサーリンク



Youtuber

すしらーめんりくの年収は1億円!?一人で稼ぎすぎと話題にww

犬を持ったすしらーめんりく
スポンサーリンク

登録者数が600万人超えの人気YouTuberすしらーめんりくさん。

そんな驚異的な登録者数を持つすしらーめんりくさんだからこそ、彼の収入についても気になりますよね。

そこで今回は、すしらーめんりくの年収&収入源についてまとめていきます。

スポンサーリンク

すしらーめんりくの年収は?

人気YouTuberとして活躍中のすしらーめんりくさん。

再生数やチャンネル登録者数もかなりの数なので、収入もすごいのではないでしょうか?

そこで、すしらーめんりくさんの年収について調べた所、

「9,920万円」

という事が分かりました!

とんでもない額の収入ですよね!

では、収入源にはどんなものがあるのでしょうか?

こちらも調べてみたので、見ていきましょう。

スポンサーリンク

すしらーめんりくの気になる収入源も紹介!

すしらーめんりくさんはかなりの額の年収を稼がれている事が分かりました。

そんなすしらーめんりくさんの収入源を調べてみると、

  • 「すしらーめん《りく》」広告収入(メインチャンネル)
  • 「すしらーめん《にく》←2nd」広告収入(サブチャンネル)
  • その他(テレビ出演など)

が主な収入のようです。

それぞれの収入源について、詳しく見ていきましょう。

「すしらーめん《りく》」広告収入(メインチャンネル)

1つ目の収入源は、メインチャンネルの広告収入です。

こちらの推定年収は9,000万円となっています。

YouTubeでは、「広告が再生される→収益が発生する」という仕組みが取られており、

  • 広告単価:1再生当たり0.5円

が相場と言われています。

すしらーめん《りく》のチャンネルでは、

  • 不定期投稿(平均月4~5本ほど)
  • 再生数の平均は300万再生

となっています。

そのため、1再生の単価を0.5円として平均を取ると、

「推定月収」=300万再生×0.5×5日=750万円

が月収として求まるので、

「推定年収」=750万円×12ヶ月=9,000万円

と計算できます。

投稿本数こそ少ないですが、1本の動画の再生回数がすごいですよね!

現在は学生でもあるため頻繫な更新は難しいと思いますが、卒業後に更新頻度が伸びるようなら更に収益も上がりそうですね…!

「すしらーめん《にく》←2nd」広告収入(サブチャンネル)

2つ目の収入源は、サブチャンネルの広告収入です。

こちらの推定年収は900万円となっています。

YouTubeでは、「広告が再生される→収益が発生する」という仕組みが取られており、

  • 広告単価:1再生当たり0.5円

が相場と言われています。

すしらーめん《にく》←2ndのチャンネルでは、

  • 不定期投稿(月に2~3本ほど)
  • 再生数の平均は50万再生

となっています。

そのため、1再生の単価を0.1円として平均を取ると、

「推定月収」=50万再生×0.5×3日=75万円

が月収として求まるので、

「推定年収」=75万円×12ヶ月=180万円

と計算できます。

こちらも不定期で更新頻度も少ないですが、安定した収益を出しています。

本格的に動画投稿に集中した時の、収益の上がり幅に期待してしまいますね。

テレビ出演

すしらーめんりくさんのテレビ出演での、推定年収は20万となっています。

すしらーめんりくさんが出演したテレビ番組は、

  • 「しゃべくり007」(2019年4月8日放送)

でした。

テレビ番組の番組出演時のギャラは、「1回の出演で約10万~20万」といわれています。(参考:Web Audition

そのため、「20万×1本=20万円」という収入計算になりました。

ただし、「しゃべくり007」の出演はすしらーめんりくさん個人がゲストではなく、本田紗来の一番好きなYouTuberとしてサブゲストとしての登場でした。

そのため相場よりも低い可能性はありますね。

スポンサーリンク

まとめ

人気YouTuberすしらーめんりくの年収について調べました。

その結果、

「9,920万円」

という推定年収である事が分かりました。

その主な収入源は、

  • 「すしらーめん《りく》」(メインチャンネル)広告収入:9,000万円
  • 「すしらーめん《にく》←2nd」(サブチャンネル)広告収入:900万円
  • テレビ出演料:20万円

この3つが主な収入源でした。

不定期投稿でこれだけの収入を得られているのは凄いと思います。

現在はまだ大学生という事もあり、動画投稿1本での活動は難しいそうですが、その分卒業後の活動の広がりに期待したいですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。