スポンサーリンク



Youtuber

【2022年最新】水溜まりボンドの炎上理由7選!溺れた動画が批判殺到…?

炎上した水溜まりボンド
スポンサーリンク

人気YouTuberコンビの「水溜りボンド」さん。

若者を中心に人気の彼らですが、炎上することも多く最近も大きな炎上がありました。

そこで今回は、水溜まりボンドの炎上騒動&登録者数の減少について調べてみました。

スポンサーリンク

【7選】水溜まりボンドの炎上理由まとめ!

水溜りボンドさんの炎上について調べてみたところ、

  1. 誕生日会炎上
  2. 「素直に思っている事をお話しさせてください」動画
  3. 溺れたフリが笑えない
  4. あつ森紹介動画
  5. ノートをレンジに入れてボヤ騒ぎ
  6. 西城区をスラム街発言
  7. 伝統工芸品を接着剤で固める

などがありました。それぞれ見ていきましょう。

炎上理由①:誕生日会炎上

記憶にも新しいと思いますが、2021年6月18日の22時頃に、東京都の恵比寿で人気YouTuber「あやなん」さんのお誕生日パーティーが開催されました。

そこには、人気のYouTuberが総勢31組集まり、あやなんさんのお祝いをしたようです。

パーティーの参加者リスト

  • しばなんチャンネル:あやなん
  • えびすじゃっぷ:フジ、森山、けす
  • 水溜まりボンド:そらちぃ、ツリメ
  • 関根りさ
  • 古川優香
  • ヘラヘラ三銃士:さおりん
  • ふくれな
  • まあたそ
  • 歩乃華
  • 中町兄弟:中町綾、中町JP、ぴぐもん(マネージャー)
  • コムドット:やまと、ひゅうが、ぼん(マネージャー)
  • へきトラ劇場:へきほー、相馬トランジスタ
  • よさこいバンキッシュ:わきを
  • レイクレ:ともやん
  • JJコンビ:ジロー、ジョージ
  • おんばん:中野温
  • エスポワール・ドライブ:島袋、けーすけ。ガチヤマ
  • ボンボンTV:りっちゃん

このように、かなりの大人数が集まってパーティーを開催したようです。

そして問題だったのは、開催した時期です。

6月18日、東京では

  • 「緊急事態宣言」が延長
  • お酒の提供は禁止
  • 20時以降は制限

であり、多くの飲食店で時短や休業が多かった時期です。

そんな中で、ここまで大規模なパーティーを開いてしまったので、一気に批難が集中しました。

更にパーティーの開催場所となったのは、水溜りボンドのトミーさんが経営するお店でした。

この事についての謝罪動画も投稿されています。

この騒動により、経営していたお店は閉店、ご自身もしばらくの間活動を休止すると発表しました。

騒動直後に噂になっていた、「感染拡大防止協力金」についても、

「会食開催当日である6月18日を含む6月分を申請する予定は当初よりございませんでした」と説明している。

引用元:夕刊フジ

場所や酒類などの提供をしていた事もあって、多くの批判が集まりました。

休止についても、

「ただ休むだけだろ」
「戻ってくるな」

など厳しいコメントが集中しました。

その後、約半年ほどの休止を経て、2021年12月2日に活動を再開しました。

トミーさんは動画内でも終始神妙な表情で自粛中の生活を語っていました。

「精神科医の先生と相談しながら、考える時間を頂いていた。」

と説明し、

「これまで家からあまり出ていなかったので、バイトなどもしていた」

と明かしていました。

約半年の間、自分自身と精一杯向き合う為に時間を使っていたようですね。

大きな過ちだったとは思いますが、トミーさん自身も深く反省してからの復帰なので、これからの頑張りに期待したいですね。

炎上理由②:「素直に思っている事をお話しさせてください」動画

2020年10月に投稿された「素直に思っていることを話させてください。」という動画で炎上してしまいました。(動画は現在、視聴不可)

動画内容は、「水溜りボンドのANN0リスナーアミーゴフェスティバル」というイベントのチケットが完売しなかった事について2人が話しているものでした。

2人の意見をまとめると、

  • 発信の場所を広げすぎた事で、リスナーと距離ができた
  • チケットを即日完売できなくて悔しい
  • この結果を真摯に受け止めて今後も頑張りたい

と語っていたのですが、この動画を見たファンからは

「チケット代(8,500円)は高すぎる」

「ファンのニーズを満たしていないのは水溜りボンドの方」

「チケットを買った方に感謝が無いのは、買った人達に失礼」

「離れていったのは水溜りボンドの方」

などのコメントが殺到し、炎上しました。

イベントが開催される前に、この動画を投稿してしまった事が問題ですよね。

チケットの代金も、ファン層の中心が学生などの若年層が多いことを考えると高額です。

この部分は簡単に変更できない事情もあるとは思いますが、もう少し金額が低ければ違っていたかも知れません。

この炎上によって、トミーさんはトレードマークだった長髪を坊主にして反省の意思を示しました。

過ちに対して真摯に受け止める姿勢は、好感が持てますよね。

炎上理由③:溺れたフリが笑えない

YouTuberグループ「アバンティーズ」とのコラボ動画でも炎上しました。

動画内容は、アバンティーズと無人島で生活するというものなのでした。

しかし、その中でトミーさんが釣りの最中に溺れるフリをしたことで炎上しました。

実はアバンティーズは、2019年の元旦でのサイパン旅行中にメンバーの1人であるエイジさんが高波に襲われて、すぐに救助されたのですが、還らぬ人に…。

メンバーの1人を目の前で失った体験を思い出させる行動をしたことで、多くの視聴者の批判が集中しました。(問題のシーンは現在カットされています。)

その後、動画のコメント欄には謝罪文が投稿されました。

(以下は4月15日に追記しました)

4月10日に、この動画の不適切なシーンをカットして、概要欄に上記のお詫びと説明を書かせて頂きました。

ただ、この説明とお詫びでは、伝わらないことも多く、事実がどうだったのかもわかりにくいために、より心配をかけてしまうことになってしまいました。

どんな状況にあったとしても溺れるふりというのは、とるべき行動ではないし、動画でお見せするべきシーンではありませんでした。
不快に感じられた方々、悲しく感じられた方々へ重ねてお詫びいたします。
また、アバンティーズのメンバーや彼らを応援、サポートしてくださってる皆様にも本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。(以下略)

引用元:動画説明文

アバンティーズさんの事故については知っていたと思うので、その上でのトミーさんの行動はあまりいいものではありませんよね。

その場では仕方がなかったとしても、編集で予めカットはするべきですよね。

この件に関しては、水溜りボンドの非常識さに呆れてしまう視聴者も多かったようです。

炎上理由④:あつ森紹介動画

2020年4月21日に投稿された「Twitterで超バズった「日本クリエイター本気の島」行ってみたらヤバすぎた!!【どうぶつの森】」という動画で炎上しました。

当時、人気絶頂だった「あつまれ!どうぶうの森」のクリエーターさん達が作ったこだわりの島を訪問して、紹介する動画だったのですが…。

この動画には、あつ森のファンも多く見ていたこともあり、あつ森ファンから批判が集まってしまいました。

その理由は、

  • 案内してくれているクリエーターさんを無視して行動
  • こだわりがありそうな部分をスルー
  • 全体的に紹介が雑
  • 途中からご飯を食べるなど配慮が乏しい

などの意見が多く寄せられました。

クリエーターさんの島のクオリティーが非常に高かった事もあり、よりがっかりした方が多かったようです。

この動画に関しては、あつ森やクリエイターさんが主役だったので、その部分に対しての配慮が足りていなかったのかも知れませんね。

炎上理由⑤:ノートをレンジに入れてボヤ騒ぎ

2016年頃に投稿された「フリクションボールペンで字を書いたノートをレンジでチンすると字が消える」という動画(現在、視聴不可)で炎上しました。

内容は、

「フリクションペンの摩擦熱で文字を消すという原理が本当なら、文字を書いたノートをレンジで温めても消えるはず!」

という実験的な企画でした。

しかし、それを見た小学生が真似をしてボヤ騒ぎになったことで大事になりました。

直接水溜りボンドが炎上したわけではありませんが、たまたまその小学生の父親がブロガーだった事もあり、ブログで批判してファンとの間で騒ぎになりました。

ボヤ騒ぎを起こした小学生はフリクションペンと鉛筆の違いが分からず、限界までレンジに入れてそのような事故が起こったようです。

その事に対して、

「子供の安全の配慮は親がするものでは?」

「YouTubeの利用規約では「13歳未満の子供は利用しないでください」と書いていますが?」

といった感じでファンの勢いが増して炎上してしまいました。

最終的には、水溜りボンド本人たちが謝罪動画を投稿する事になります。

確かに最終的には親の責任になるとは思いますが、多くの目に触れる以上、最低限の配慮はする必要があったかもしれませんね…。

炎上理由⑥:西城区をスラム街発言

過去に投稿した動画(現在は視聴不可)のサムネイルで大阪の西成区をスラム街という表現をしたことで、大阪府民を中心に反感を買ってしまいました。

視聴者としても自分が住んでいる地域をけなされるような言い方をされると、不愉快ですよね。

炎上理由⑦:伝統工芸品を接着剤で固める

「開けるのが超難しい秘密箱、全箇所に接着剤つけておきますwwwww」の動画で伝統工芸の寄木細工を接着剤で固めてしまったことで批判があったようです。

内容は、いつもトミーさんに負けるカンタさんがズルをして、トミーさんの箱に接着剤を付けていたのですが、それが批判につながりました。

伝統工芸品はその地域の人の想いや職人さんの努力の結晶なので、不快に感じる方も多いかもしれませんね。

動画の内容的にも暗記するだけで充分、企画として成り立っていたので、接着剤までする必要が無かったようにも思います。

スポンサーリンク

水溜まりボンドの登録者数が減少していると話題に…

最近は、水溜りボンドの登録者数が減少傾向にあることも話題になっているようです。

最盛期(2020年の8月頃)は約438万人という登録者数を獲得していました。

しかし、度重なる炎上騒動などもあり、2021年に入ってからは416万人にまで減少しています。

その後、若手のYouTuberとのコラボなどで420万人ほどにまで持ち直しますが、2021年6月24日の誕生日パーティー騒動で約413万にまで落ち込みました。

400万人は維持していますが、最盛期から考えると、約25万人もの登録者が減ったことになります。

更に問題になっているのは、登録者数と視聴回数の差です。

400万人もの登録者数がいるにも関わらず、最近の動画の視聴回数は10~20万前後と登録者数の約4%ほどしか見ていないことになります。

参考:WEZZY(ウェジー)

ここ最近は何かと炎上が多かった水溜りボンドですが、活動休止からトミーさんが戻ってきたばかりですし、今後の巻き返しに期待したいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、水溜りボンドさんの炎上騒動や登録者の減少について調べてみました。

その結果、

  • 誕生日会炎上
  • 「素直に思っている事をお話しさせてください」動画
  • 溺れたフリが笑えない
  • あつ森紹介動画
  • ノートをレンジに入れてボヤ騒ぎ
  • 西城区をスラム街発言
  • 伝統工芸品を接着剤で固める

これらの理由で炎上してしまっていた事が分かりました。

登録者も

  • 最盛期:約438万人
  • 現在:約413万人

まで減少したことが分かりました。

度重なる炎上騒動で、水溜りボンドさんへの信頼が失われてきている印象が強い印象ですね。

約半年ぶりにトミーさんも復帰されて、かなり反省して戻ってきた様子だったので、また初期の頃の勢いで盛り返して欲しいですね。

ここまでご覧いただきありがとうございます。