スポンサーリンク



Youtuber

コムドットは登録者数を買ってる?減ってしまっていると話題に…

スポンサーリンク

最近何かと話題の5人組Youtuberコムドット。

登録者数も200万人を超えてすさまじい人気を獲得している彼らですが、

「登録者数を買ってる?」

「登録者数が減ってない?」

と噂されているようです。

そこで今回は、コムドットが登録者数を買っているのかどうか&登録者数が減った理由についてまとめていきます。

スポンサーリンク

コムドットは登録者数を買っている?

結論から言うと、

コムドットは登録者数を買っていない

ものと考えられます。

理由は単純で「YouTubeのチャンネル登録者数並びに再生数や評価を買うのは明確な規約違反」となっているためです。

また、やまとさんの”Youtubeへのこだわり”から考えても登録者数買っていないと思われます。

例えば、やまとさんは過去にこのようなツイートをされていました。

このツイートからも、やまとさんが真摯にYoutube活動に取り組みたい方なのだとわかります。

そのため、登録者数を購入している説は間違いなくデマでしょう。

コムドットが登録者数を買っていると言われる理由は?

ではなぜ「コムドットが登録者数を買っている」と言われるようになったかというと、

ここ最近の登録差数の異様な伸び方

原因があると考えられます。

コムドットは2018年10月1日から活動を始め、

2018年10月1日:活動開始

↓↓

2019年12月5日:登録者数10万人突破

↓↓

2020年12月8日:チャンネル登録者数50万人突破

↓↓

2021年2月3日:チャンネル登録者数100万人突破

↓↓

2021年6月10日:チャンネル登録者数200万人突破

という変遷をたどっています。

こうしてみると、2020年12月からの伸びがとんでもないですよね。

そのため、

視聴者
視聴者
この伸び方はもしや登録者数を買ったのでは?

と疑われてしまったのだと思われます。

そこまで疑われてしまうというのは逆に光栄な気もしますね笑。

スポンサーリンク

コムドットの登録者数が減った理由は?

常に右肩上がりだったコムドットですが、2021年6月24日から急に登録者数が減少してしまうこととなりました。

その理由

緊急事態宣言下にも関わらず、大人数での飲み会を行って炎上したから

です。

このことにより、視聴者をガッカリさせてしまったことから登録者数が

2021年6月24日:206万人

↓↓

2021年6月29日:201万人

コムドットの登録者数2

まで減少してしまったようです。

これだけ短期間に5万人も減ったのは、年内登録者数300万人を目指すコムドットにはかなりの痛手でしょうね…。

ぜひこれからの活動で視聴者の信用を回復してほしいものです。

スポンサーリンク

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

今回は、コムドットが登録者数を買っているのかどうか&登録者数が減った理由についてまとめました。

結論としては、

  • コムドットは登録者数を買ってはいない
  • コムドットの登録者数が減った理由:緊急事態宣言下に大人数での飲み会を行って炎上したから

ということでしたね。

それではここまでご覧いただきありがとうございました。